2021.11.18

【重要】給湯器の凍結にご注意ください

朝晩が寒くなってくると、給湯器が凍結する可能性があります。
外気温が0℃以下になると給湯器本体・水道管が冷やされ、その配管内にある水が凍ってしまうことで凍結が起こります。※外気温が0℃以下でも給湯器を使用している間は水道管に水が通っているため、凍結はしにくくなります。
給湯器が凍結すると、お湯や水が出なくなります。
また、氷は水よりも体積が大きいので、水道管の中に残った水が凍ると水道管が破裂してしまいます。
水道管が破裂すると凍った水が溶け、水漏れが起こります。水漏れは最悪の場合、電気系統にも影響を及ぼし、感電や火災の原因となるのでとても危険です。
冬の期間、旅行などで長期間にわたって家を空ける際だけでなく、夜の寝ている間も凍結の可能性があるので注意が必要です!
※お引渡しが完了しお引越しまで期間があく場合も、ご注意ください。
夜間の凍結予防策として、シンクなどに少量の水を流しっぱなしにするのも効果的です。

もし、凍ってしまった場合は、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを巻き、ぬるま湯をかけて溶かす方法があります。
ただし、方法については下記サイトや取扱説明書をご参考に正しい方法でお試しください。
間違った方法で無理に溶かそうとすると、水道管が破裂したり、給湯器本体が故障してしまう場合があります。
(参考)大阪ガス:https://home.osakagas.co.jp/support/use/bath/index.html

※凍結による故障は、保証期間内でも保証対象外となりますのでご注意ください※

現在、新型コロナウイルスの影響で全国的に給湯器が不足状態となっております。
交換までにお時間を頂戴する可能性がありますので、予めご了承ください。

新着情報の最新記事

ページの上へ