住まいのメンテナンス

住まいのメンテナンス2021.09.15

住まいのお手入れ~換気扇~

換気扇はホコリが付着しやすく、溜まると換気機能の低下を招きます。
月に1回程度、ホコリを取り除くなどのお手入れを心がけましょう!

PDFでのダウンロードはこちらから ⇒ 換気扇のお手入れ
毎日のように使用している換気扇(洗面・トイレ・お風呂)は、意外とお手入れを忘れがちです。
お手入れを怠ると、換気風量の低下運転騒音の拡大製品寿命の低下など、本来の機能が発揮できなくなります。
ただし、お手入れをすると機能が回復します!(下記図参照)

お手入れ方法

※ケガをする恐れがあるので必ず電源を切り、ゴム手袋をして作業してください※
【カバー:洗面所・トイレ・お風呂共通】
カバーを下に引っ張り、針金を矢印の方向につまみ、カバーを外します。(下記の図【カバーの外し方】参照)
カバーを外せたら、掃除機などでほこりを取り除きます。
※汚れが落ちない場合は、シャワーで水を流しながらスポンジで汚れを落としていきます。必ず完全に乾かしてから取り付けるようにしてください。
※お風呂の換気扇はカバーのみ取り外しが可能です。

【カバー:洗面所・トイレ共通】
オリフィス(上記の図【羽根の外し方】参照)がある場合は、羽根を取り外すことができます。
下記手順に沿って外してみてください。
1.オリフィスを「はずす」と書かれた方向に回し取り外します。
2.羽根のツマミを指でつまみながら引っ張ると羽根が取り外せます。
3.羽根は台所用の中性洗剤に浸け置きし、歯ブラシなどの柔らかいブラシで水洗いしたあと。乾拭きして水分をよく拭きとります。浸け置きした際は必ず、完全に乾かしてから取り付けてください。
4.羽根を外したまわりは、ホコリを取り除いてください。

※オリフィスが無く、羽根が取り外せない換気扇があります。取り外せない場合は、歯ブラシ等の柔らかいブラシでほこりを取り除いてください。尚、故障の原因となりますので無理に外そうとせず、取扱説明書をご覧ください。

※壁付の換気扇はカバーのみ取り外すことができます※
今回ご紹介したお手入れ方法のような、羽根を取り外したお手入れはできませんのでご注意ください。

【浴室乾燥機】
月に1回程度、浴室乾燥機の外側をかたく絞った雑巾で拭き汚れを落とします。カバーが外せる場合は、内側からも拭き取ってください。
フィルターはつまみを引っ張ると取り出せます。取り出したら、掃除機などでホコリを取り除いてください。
※製品によってフィルターの水洗いができない場合がございます。必ず取扱説明書で確認してから行ってください。

換気扇のお手入れ方法(動画ver.)はこちら

住まいのメンテナンスカテゴリの最新記事(39件)

ページの上へ