住まいのメンテナンス

住まいのメンテナンス2021.11.15

住まいのお手入れ~家の外回り編~

“大掃除の参考に!家の外回りのお手入れ”
「汚れの原因と反対の性質をもつ洗剤」で中和させると汚れをよく落とすことができます!

土間コンクリートの汚れ

【タイヤ痕】
薄い場合:水洗いをしながら、デッキブラシなどでこすって落としてください。
濃い場合:重曹スプレー(重曹小さじ1ぬるま湯100mlをスプレーボトルに加えたもの)をタイヤ痕に散布し、しばらくしてから水洗いしてください。高圧洗浄機をお持ちの場合は、ご使用いただくとより効果的です!(高圧洗浄機の場合は重曹スプレーは不要です。)
【苔・落ち葉の灰汁】
苔や落ち葉の灰汁は酸性の汚れなので、ハイターなどの塩素系(アルカリ性)の洗剤を使用して汚れを落としてください。
※薬品やけをおこす場合があるので、洗剤を使用した際は必ず水で洗い流してください
※ハイターを使用する際は、ゴム手袋やゴーグルを着用して皮膚や目を守ってください。
【サビ】
範囲が狭いサビは、金属ブラシで擦ると落とせます。
広範囲にわたる場合は、市販されている専用のサビ取り剤がおすすめです!
自転車のスタンド等のサビは、スタンド部分にカバーとなるようなマットを敷いたり、自転車にカバーをかけることもおすすめです。

玄関タイル

玄関タイルの汚れは土やホコリによる汚れが多いです。下記を参考に掃除をしてみてください。
1.ホウキなどで掃き掃除をする。掃除機を使用することもおすすめです。
2.汚れが落ちない場合は、タイルに水をかけてデッキブラシやタワシで擦ります。
3.水をかけても落ちない場合は、中性洗剤や重曹水(重曹小さじ1:ぬるま湯100ml)を使用して重点的に擦ります。円を描きながら擦ると効果的です!
※洗浄後は必ず水を拭き取ってください。汚れた水を放置すると、汚れが再付着する場合があります。特に黒系のタイルの場合は、白い汚れが残ると目立ってしまうのでご注意ください。
【サビ】
玄関に傘立てや鉢植えのもらいサビには、専用のサビ取り剤がおすすめです!

外壁<日頃のお手入れ>

汚れを落とす場合は、塗装面を傷つけないように布や柔らかいスポンジ等を利用して軽く水洗いをしてください。水で落ちない場合は、薄めた中性洗剤を布などに付けて洗浄し、水で洗い流してください。

<注意事項>
水洗いする際は接合部から漏水する可能性があるので、外壁に対して必ず下向きにおこなってください。また、塗膜面を傷つける恐れがあるので、下記の使用は避けてください。
・シンナー等の溶剤
・金属タワシ等の硬いブラシ
・高圧水による洗浄やスチーム洗浄

【藻・カビ】
藻やカビは性質・発生条件も異なりますが、環境条件が整えば外壁に限らずどこにでも発生します。
すぐに除去はできますが、再発する可能性があるので、こまめなお手入れを心がけてください。
※隙間に入り込んでいる場合など、除去が難しい場合もあります。

発生しやすい場所
■周辺に池・川・用水路・田畑・森林がある立地
■建物の北側など、風通しが良くない・湿気が多い
■窓の上側など水や汚れが溜まりやすい
■軒や開口部の出が少ないなど、外壁表面に雨水がかかりやすい

藻やカビを発見したら、下記の方法で除去してください。
◆拭き取り・・・・・外壁表面に緑色の藻を見つけたら、やわらかい布で拭き取ってください。
◆水洗い・・・・・・(場合によってはやわらかいブラシを併用しながら)水で洗浄してください。
※高圧洗浄機による洗浄は、塗膜表面を傷める恐れがあるのでご注意ください。
◆中性洗剤・・・・・水で5~10倍程度に薄めた中性洗剤をやわらかい布などに付けて洗浄し、水で洗い流してください。
◆専用クリーナー・・ローラーやスプレーで専用のクリーナーを塗布し、放置(約2~4週間)すると、藻や苔の除去の効果があります。
※カビに対しては十分な効果を得られない場合があります。
※必ず使用上の注意事項に従ってください。
<メーカーおすすめの専用クリーナー>
■アルタン株式会社製:ワンステップ・スプレー・クリーナー
HPはこちら⇒https://www.altan.co.jp/30SECONDS_Cleaner/30SECONDS/onestep.html
■オスモ&エーデル株式会社製:オスモ ガーデンクリーナー
HPはこちら⇒https://osmo-edel.jp/osmocolor_lineup/osmogardencleaner/
※藻やカビを殺す薬剤を用いれば、繁殖を止めることができますが跡が残る場合があります。漂白作用のある薬剤を使うと跡は残りにくいですが、塗膜自体を傷める恐れがあるのでご注意ください

住まいのメンテナンスカテゴリの最新記事(27件)

ページの上へ